デントコーンが芽を出しました


デントコーン(飼料用とうもろこし)の芽が出てきました。



種を蒔いたのは1週間ほど前。

自家製の堆肥をたっぷりと入れたフカフカの畑に機械を使って播種しました。



2021年8月29日撮影



今はこんな小さなデントコーンですが、あと2ヶ月も経つと写真のように3メートルほどの背丈に成長します。


農薬や化学肥料を一切使わずに栽培する東北牧場のデントコーン。

これらはすべて東北牧場で暮らすあすなろ卵鶏の主食となります。

あすなろ卵鶏が産む青い殻の卵は、ご自宅用はもちろん、贈り物にも喜ばれます。


今年のお中元は、東北牧場の青玉(青い殻の卵)を贈ってみるのはいかがですか?



東北牧場の青玉は、南米チリ原産のアローカナ(アロウカナ)を血統にもつあすなろ卵鶏が産む卵です。


一般的な卵よりも卵黄の割合が高いので、卵かけご飯で食べた時の濃厚でクリーミーな味わいは、一度食べたら忘れられない感動です。


東北牧場では、このあすなろ卵鶏平飼いで飼育し、他には真似できない自家製配合飼料を与えています。

主食となるデントコーン(飼料用とうもろこし)は、敷地内で農薬や化学肥料を一切使わず栽培したもの。

これに、青森県産の魚粉、ホタテの貝殻、米ぬか、小麦をブレンドしています。



卵黄の色を濃くするための添加物などは一切使用していないので、卵黄の色はレモンイエロー。

卵特有の臭みがない、美味しい卵。

まずは、醤油などかけずに卵かけご飯でお召し上がりください。



今年のお中元は是非、東北牧場の青玉をご利用ください。

オンラインショップで24時間注文受付中です。

各種のし、メッセージカードも承ります。


 

東北牧場オンラインショップ

https://www.tohoku-bokujo-online.com/


お電話でのご注文は

0176-62-9200

年中無休

8:00〜17:00


お中元シーズンは注文が集中し、

発送までお時間がかかる場合がございますので、

お早めのご注文をお願いいたします。

閲覧数:8回0件のコメント