head-img_vegetable.jpg

10月 葉物野菜の収穫作業

こだわりの野菜づくり

東北牧場の無農薬野菜。安心と安全のために、徹底的にこだわる野菜づくりをご紹介します。

除草剤を一切使わない

除草は畝(うね)と畝の間を広くとって機械で除草したり、スタッフが手作業で行います。
ただし、雑草は時に日よけになり、風よけとなって野菜を守るため少しは残します。

vegetable_04.jpg
munouyaku_01.jpg
munouyaku_02 (1).jpg
vegetable_05.jpg

殺虫剤を一切使わない

東北牧場のある青森県は本州最北端にあるため、夏でも涼しく虫の害はかなり少なめです。
それでも発生してしまうアブラムシなどの害虫には殺虫剤を使わず、牛乳や片栗粉などを水で薄めて噴霧し、退治します。また、テントウムシなどの益虫が住みやすい環境を作り、害虫を捕食してもらいます。

無農薬へのこだわり

東北牧場では、除草剤や殺虫剤などの農薬は使用せず、野菜づくりをしています。有機野菜やオーガニック野菜で使用が認められている農薬すら使っていません。

無化学肥料へのこだわり

東北牧場では、化学肥料に頼らず、昔ながらの方法で丹念に土(堆肥)づくりをします。堆肥作りにこだわって栄養豊富な堆肥を作ることで、化学肥料を一切使用しない野菜作りを実現しています。

堆肥ができるまで

堆肥となる馬房の敷き草(馬房にはワラを使わず、野草を敷き詰めています。)、糞尿、馬が食べ残した野草を一か所に集め、定期的に切り返しの作業をします。
微生物の働きによって長い年月をかけ完熟すると、有機物を豊富に含んだ良質な堆肥が出来上がります。

vegetable_01.jpg
motohi_01.jpg
motohi_02.jpg
motohi_03.jpg
motohi_04.jpg
vegetable_03.jpg

より良い土作りのために

土作りの為には自家製の馬糞や野草で作った堆肥の他に、雑草や笹で作った緑肥、ホタテの貝殻、ウニの殻、米糠などを利用します。

東北牧場のさらなるこだわり

東北牧場では、種まきから収穫、発送まで全て牧場スタッフが丁寧に管理し行っております。委託販売や卸販売を一切行っておりませんので、他の生産者の野菜が混入することはありません。
すべてにおいて東北牧場は直接責任を負っています。創業当初からこだわってきた「100%の安心と安全」をお届けしています。

旬のとれたてをお届け

野菜は出荷当日や前日に収穫し、グループ会社のホテルやレストラン、バーへ直送しています。
旬の野菜や野草を旬の時期にお楽しみください。

vegetable_06.jpg
kodawari_02.jpg
kodawari_01.jpg
vegetable_07.jpg

手作業で洗浄・箱詰め

東北牧場の野菜は産地直送。
収穫した野菜は、八甲田山系の地下水で丁寧に洗い、ひとつずつチェックしながら梱包します。

東北牧場の野菜を味わえるカフェ&レストラン

vegetable_08.jpg

ホテルコンチネンタル府中(京王線 府中駅 徒歩1分)

サクラカフェ&レストラン(池袋、幡ヶ谷、神保町、日暮里)

銀座300BAR(NEXT、8丁目店、5丁目店)

さくら亭(JR山手線 原宿駅 竹下口 徒歩8分)

​■よもだそば(日本橋本店、銀座店、名古屋うまいもん通り広小路口店、新宿西口店、名古屋サンロード店、御徒町店)

これらの店舗へ旬の野菜を旬の時期に出荷しています。各店舗オリジナルの料理をお楽しみください。

今の時期出荷している野菜の一例

たけのこキャベツ
たけのこキャベツ
press to zoom
チンゲン菜
チンゲン菜
press to zoom
水菜
水菜
press to zoom
赤水菜
赤水菜
press to zoom
パセリ
パセリ
press to zoom
ルッコラ
ルッコラ
press to zoom
ビタミン菜
ビタミン菜
press to zoom
小松菜
小松菜
press to zoom
タアサイ
タアサイ
press to zoom
白かぶ
白かぶ
press to zoom
あやめ雪かぶ
あやめ雪かぶ
press to zoom
ラディッシュ
ラディッシュ
press to zoom