top of page

はじめてのおそとはきんちょうします


生まれてはじめての放牧


2月12日生まれのメイショウオリビア2023♀


状況がよくわからずフリーズしています。


こっちも見てくれません。



お母さんがそっと顔を近づけて仔馬を安心させます。


これを見ていた私、ただただ癒されました。

(お母さん、元気かなぁ・・・)



こちらは2月10日生まれのキーラ2023♀


こちらをガン見です。


変な奴がいるとでも思っているのでしょうか。



少し経つと、草を食べる母馬の真似を始めました。


実際にはまだ草を消化する能力はないですが、とりあえず真似をしたい年頃。



この狭いパドックで突然駆け出す、キーラ2023。

外の楽しさを知ったようです。



今回は、生まれてはじめての放牧の様子をご紹介しました。


はじめのうちは、小さな放牧地(パドック)で短時間の放牧です。


少しずつ広い放牧地へ段階的に放牧し、次第に放牧時間も長くしていきます。

閲覧数:36回0件のコメント

Comments


bottom of page