top of page

東北牧場の米づくり2023 〜草との共存〜

更新日:2023年9月25日

稲の苗を植えてから1ヶ月。

現在の稲の様子をご紹介します。( 前回の記事はこちら



除草剤などの農薬を一切使わない東北牧場の畑では、1ヶ月も経つとアオビユやヒエなどの草がたくさん生えてきます。



今のところ稲の方が背丈がありますが、このままだと草に越されるのも時間の問題です。



ということで、稲の成長の邪魔になる草を抜きます。


ひたすら手作業です。



農薬や化学肥料を一切使わずに栽培する東北牧場の稲。


手間はかかるけど、美味しいお米のために頑張ります。

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page